📗同人・二次作品

終末のハーレム セミカラー版 8巻【同人エロ漫画】ネタバレ感想&試し読み 土井の乱交や親子丼!

終末のハーレム セミカラー版 8巻

終末のハーレム セミカラー版 8巻 ネタバレ・感想レビュー

こんにちわ♪おにむすめです♡

今回は『終末のハーレム セミカラー版 8巻』のあらすじ・ネタバレ・感想と漫画を無料で読める試し読みの方法をご紹介して参ります。

あなたの漫画ライフに是非、お役立てください。

あらすじ

『終末のハーレム セミカラー版 8巻』

前話、終末のハーレム7巻のあらすじです。

第3の男性『土井翔太』は着々とクラスメイトの女生徒とメイティングを完了させていくなかで、カレンの野望を知り、自身もその野望に乗ることにします。

第2の男性『水原怜人』は想い人である絵里紗が、UWに反抗する組織『イザナミ』に所属していること、そしてUWは世界に嘘をつき、女性だけの世界を作ろうとしている事実を暴露。

そんな中、第4の男性『木根淵善』はイザナミに拉致をされ、彼を取り巻く新しいヒロインメンバーたちとのメイティングを行っていくのでした。

こちらもCHECK

終末のハーレム セミカラー版 7巻【同人エロ漫画】ネタバレ感想&試し読み 第4の男性!

続きを見る

8巻のデータ情報

おすすめ度 ★★★★★
安全性 ◎評価
カテゴリー エロ漫画・試し読み
出版社 集英社
発売日 2019年3月4日
掲載サイト 少年ジャンププラス
著者名 原作:LINK 漫画:宵野コタロー
シリーズ 終末のハーレム
作品名 終末のハーレム セミカラー版 8巻
話数 ・第49話 二人のナンバーズ
・第50話 涙
・第51話 脱出
・第52話 男の覚悟
・第53話 夏の想いで
・第54話 再会
・第55話 イザナミの村

終末のハーレム セミカラー版 8巻

終末のハーレムの49話のネタバレ 怜人と土井 2人のナンバーズ

第3の男性『土井翔太』は、カプセルに入って自らの身体を成長させていました。

培養液に満たされ、急速成長を遂げ、少年の身体から青年の身体へ。

視力矯正も済ませ、背も伸び、髪型もカレンにキメてもらい、すっかり別人となった『ネオ土井翔太』は、自身に満ち溢れた表情で第2に男性『水原怜人』に会います。

土井は、怜人に今まで慶門市に居たことや、自分のいた学園が爆発被害に遭い、避難してきたことを告げます。

そんな中、カレンは怜人にクロエの印象について尋ねると、怜人は『命を救ってもらった。UWと反対派のどちらが正しいかわからない』と率直な感想を口にしました。

さらに、カレンは気を回し、姉妹である『ちふゆ』と『黒田』を再会させました。

妹のちふゆは、姉の黒田に怜人と『もうメインティングしましたか?』と尋ねると、慌てて飲み物を口から″ブーっ!″と吹き出す黒田。

土井ガールズ、特に東堂晶は、姉妹の再会を喜んでいましたが、黒田の破廉恥な格好には、少なからず疑問を抱いていました。

そして、カレンと2人きりになった土井は、ゆず先生がここにいるのかどうかを尋ねてきました。

爆発が起こってから、安全な場所に避難したと答えるカレンでしたが、土井の中では今でも、ゆず先生一筋といった様子でした。

その夜、怜人は以前の担当官『周防美来』を盗聴を警戒して、お風呂場に呼び出した後、朱音たちと一緒にここから脱出することを提案します。

ですが、怜人の脱出計画を断る周防美来。

そして、周防美来は徐に服を脱ぎだし、自分を選んで『童貞』を捧げメイティングをしてくれるなら…そんな気持ちで久方ぶりに、怜人を誘うのでした。

終末のハーレムの50話のネタバレ 周防の涙と怜人の脱走

怜人は周防美来にメイティングを頼まれ、そんなに自分と一緒に行きたくないのかと寂しそうな表情をします。

すると、周防は『私だって行きたいんです。でも行けない』と叫び、涙を目に一杯浮かべ、泣き出してしまいました。

周防の泣き顔をはじめてみた怜人は、乱心し自ずと彼女に、顔を近づけキスをしようとします。

しかし、そこにUW本部からの使者が駆けつけ、すでに朱音や翠も拘束していると言い、彼らを車に乗せて、どこか別の場所に移動するつもりのようでした。

ですが、戦闘力が高い朱音や翠は、逆にUW職員をかたずけており、片桐も加勢したことにより、怜人たちはUWからの脱走を成功させます。

カレンと土井は、クロエと接触し、三賢者に合わせて欲しいとお願いをします。

そして、クロエに『日本の統制は日本人がやった方が良い、私に国務長官のポストをください』と迫るのでした。

怜人たちは、UWから脱出し、隠れ家に向かうとそこには、妹の『まひる』がいて、日が暮れるまでそこで潜伏することにしました。

一方、土井は自分のガールズメンバー『一条』『東堂』『春歌』とメイティングを開始。

すっかりと大人の身体に成長した土井の姿にドキドキと胸の高鳴りを抑えきれない3人は、ベッドに上でも激しく乱れ『すごい』とつぶやきます。

3人にスケスケのランジェリーを着てもらい、4Pでの乱交ハーレム。

甘いキャンディで蕩けるようなキスを一条とする土井。

居ても立っても居られなくなった東堂は、むしゃぶりつき、それを押し倒す土井。

『しようか』の土井の一言で、3人の美少女は、子宮を下ろしたのでした。

東堂のどっぷりとした肉付きの良いお尻に腰を打ち付けると、我慢できなくなった2人も参戦。

乳首と耳を同時に責められた土井は、モノの膣内でさらに膨らませ、東堂をさらに喘ぎさせます。

土井の年齢が実年齢に近づいたことに、若干寂しさを感じた3人でしたが、皆同時に責めればまだまだ可愛い声を上げる彼に大満足のご様子でした。

一通り、メイティングを終えた土井に、カレンは怜人たちが脱走したことを伝えます。

その頃、怜人たちは日没を待って、さらに遠くへと逃げるために、船に乗り込みます。

その間際、男らしく怜人は、周防美来を抱き寄せ、思いっきり抱きしめました。

怜人は『今までありがとうございました。』とお礼を言い、周防は『私の方こそ一緒にいて光栄でした』と言います。

そして『必ず戻ってきます。その時まで元気でいてください』と、2人は再会を誓うのでした。

怜人たちが乗り込んだ船の目的地は新潟ではなく『台湾』。

そこに、怜人の想い人『絵里紗』もいるようです。

終末のハーレムの52話のネタバレ 男の覚悟

船に同乗していたイザナミの1人から、絵里紗もあなたに合いたがっていると聞かされた怜人。

しかし、怜人は周防美来が一緒についてきてくれなかったことに疑問を覚えていました。

すると、まひるは怜人にタブレットを渡し、その画面には火野が映し出されていました。

火野は、怜人を応援し、なんやかんやで男同士の絆を再確認できたのでした。

クロエは、火野に怜人の居場所を尋ねられましたが、彼は嘘をついて知らないと答えます。

そして火野は『すべての男があんたの思い通りに動くとは思うなよ』とクロエに詰め寄りました。

火野は、UW本部から行き過ぎたまでの徹底された管理下にあっても、授かった赤ちゃんと離れたくないという気持ちがあったのです。

一方、第3の男性『土井翔太』はその日、後輩の『杉山水兎』とメイティングすることになります。

カレンと土井の狙いは、自然妊娠での出産を目標としており、水兎はホルモンバランスを調整してから、メイティングを行いまいした。

何の薬品かは、告げずに水兎に注射をした土井は、幼くて可愛い黒髪ツインテール美少女の後輩を、恋人同士のSEXのように、正常位で喘がせてから、たっぷりと注ぎ込みました。

終末のハーレムの53話のネタバレ 夏の想い出

爆乳をぶら下げた全裸のクロエは、怜人を逃がしたUW職員を縛り、調教の真っ最中でした。

美しい黒髪と豊満なバスト、チョコレートのような褐色肌をしたUW職員の身体には、痛々しい痕がついています。

鞭ではたき、撤回できなければ、鞭の柄を突っ込むと脅しにかかりました。

そして、怜人たちの逃亡を手伝った『周防』『片桐』も、クロエも元に連れていかれ、独房に入るように指示をします。

その頃、カレンは土井をマジックミラーになっている特殊な浴室に連れていき、好きな女の子を選ぶように提案します。

ですが、その浴室にいた女性陣は皆、火野とメイティングを行っていた火野ガールズでした。

土井は、その中の1人である女優『北山』に目が留まります。

一方、台湾に到着した怜人たち御一行は、ノスタルジックな景色に魅了され、以前に屋台で絵里紗と過ごした素敵な時間を思い出していました。

そして、フッと上を見上げると、そこには待ち焦がれた想い人『絵里紗』の姿がありました。

終末のハーレムの54話のネタバレ 怜人と絵理沙の再会

怜人は絵里紗と再会すると、思いっきり抱きしめ『無事でよかった』と安堵します。

絵里紗は、少し悲しげな表情を浮かべ、少し痩せた怜人を引き離しました。

その後、すぐに怜人ガールズが後を追ってきたので、2人だけの感動の再会は終わりを迎えます。

せっかく、訪れた台湾なので、メンバーは台湾料理を堪能しながら、絵里紗と怜人は少し話をします。

怜人は、絵里紗に『第4の男性』をUWから拉致して、どうするつもりなのかを尋ねました。

すると、絵里紗は、確かにイザナミはUW反対派であるけれど、その中でも、二つの派閥に分かれていると言います。

出芽たちが率いる肉欲的な原始的な生活を目的としている派閥と、絵里紗たちが率いる建設的な未来を模索する派閥です。

そして、絵里紗たちは『香港』へ行き、ナンバーズの奪還し、怜人を連れてMKウィルスの特効薬を作ろうとしていました。

一方、第4の男性『木根淵』は相変わらず肉欲奴隷として扱われ、この日も目隠しを付けられ、放置されていました。

何度も、股間をまさぐられ、勝手に使用され、疲弊し切る性生活。

すると、食事の時間になり、女性たちが部屋に入ってきました。

イザナミでも肉欲な生活を重んじたい彼女たちは、木根淵に口移しで食事を食べさせていきます。

その後は、休む暇も与えられず、食事を用意した3人の美女とのメイティングが開始されました。

馬乗りになられ、騎乗位で徹底的に子種を搾り取られ、乳首をグイグイと引っ張られたり、まるで家畜同然の扱いでした。

そんな淫らで屈辱的な気持ち良い夜が明けると、ピンク髪の美少女に足蹴りをされて起こされる木根淵。

それは、以前の取引先である院長の娘『恋子』でした。

終末のハーレムの 55話のネタバレ 再会 成長した恋子

木根淵は、5年の月日が流れ、すっかりカラダが成長した恋子に驚きます。

彼が、院長や奥さまのことを恋子に訪ねると、院長はコールドスリープ中であり、母親が管理していると言います。

木根淵は、自分の妻である『ミキ』の居場所を恋子に問いただしますが、恋子は木根淵を想い通りにしようとナイフをちらつかせ脅しました。

その後、恋子は村を案内しながら、この場所のシステムについて紹介をしていきます。

すると、そこに今日も今日とて爆乳乳房を実らせた『出芽』が現れ、木根淵にいい子にしていればご褒美をあげると、キスをします。

そして、その夜のメイティング相手は、あろうことか、院長の奥様『安保ころん』と娘の『恋子』でした。

ナチュラルに大人の妖艶さを持った美しい奥様は、豊満なおっぱいをしている魅力的な女性です。

先に、木根淵に跨った恋子は、自らの膣内に木根淵のアソコを挿入します。

初体験だった恋子は『ママ。これ痛い』と言い、ころんは木根淵に『優しくしてあげて』と優しく、ゆっくり、メイティングをするように指示。

いつもの小屋ではなく、怪しげな煙を嗅がされた木根淵は、野外にセッティングされた場所で、母娘丼の『親子丼』プレイをすることになったのです。

木根淵は、若い美少女の恋子の処女膜を破り、美しい人妻のころんには、久しぶりの男を味合わせたのでした。

母娘との3Pを終えた木根淵に、恋子は『あなたは私たちの、はけ口なのよ』と囁きます。

そして、淫乱なイベントは、まだまだ終わらず、後日には村人全員が参加する『乱交祭り』が用意されているようでした…。

終末のハーレム セミカラー版 8巻 感想レビュー

『終末のハーレム セミカラー版 8巻でした♪』

8巻では、ついに主人公『水原怜人』さんの想い人『絵里紗』さんと再会することができましたね。あまりの嬉しさに私も、少し涙ぐみました。

そして、火野さんとの友情や、土井さん&カレンさんの計画、そして木根さんのこれからの展開が益々気になって参りますね♪

終末のハーレム セミカラー版 8巻 こちら♡

終末のハーレム セミカラー版 8巻

ebookjapanはこちら

まんが王国はこちら

こちらもCHECK

終末のハーレム セミカラー版 9巻【同人エロ漫画】ネタバレ感想&試し読み 大乱交祭りとチャイナガール!

続きを見る

onimusume

-📗同人・二次作品
-, , , ,

Copyright© onimusume.café☕ , 2021 All Rights Reserved.