出会い系サイト

ドキドキのお部屋キャンプで男友達と一晩過ごしたらエッチしちゃった

  1. HOME >
  2. 出会い系サイト >

ドキドキのお部屋キャンプで男友達と一晩過ごしたらエッチしちゃった

ドキドキのお部屋キャンプで男友達と一晩過ごしたらエッチしちゃった(出会い系体験談)

PCMAX体験談

投稿者:アイ

出会い系の体験談

これは、キャンプ仲間の男と友達と一晩、お部屋キャンプをして過ごしたら、成り行きでエッチしちゃった話です。

最強の出会い系アプリはPCMAX

セックスをしたい?
セフレを探してる?今の時代マッチングアプリで出会うのは当たり前!エロ目的の男女を毎日大量にマッチングさせている出会い系サイト!それが『PCMAX』です!👇👇👇出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX日本国内で最大級のマッチングサイトなので安全性は抜群!
健全なイメージですが、実はアダルト目的の男女が集まることで有名♪
初心者の方は余裕を持って3000円程度の課金がおすすめ!
エッチが大好きな女の子やセフレを求めている女性にすぐアプローチできます!

\ 法令遵守サイトなので年齢確認とプロフィール設定は必須です! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

男友達とお部屋キャンプ

最近、某ウィルスの影響で自粛期間が長くて大変ですよね。

私も、普段はキャンパーということもあり、自粛生活が長引くと正直かなりしんどいんです…。

以前のように、何も気にせずに、思いっきり大自然の中で、キャンプライフを楽しみたいものです。

そんなこんなで、少しでもキャンプの雰囲気を味わいたいと思って、最近流行っている「部屋キャンプ」というものをやってみることにしました。

部屋キャンプとは、お部屋の中でテントを広げキャンプ用品とセットで料理としたり、限られた道具の中で、あたかもキャンプをしているような感覚を楽しむものです。

普段、日常的にキャンプ用品には事足りているので、準備にさほど時間はかかりませんでした。

準備できた椅子に座り、ランプの火を見ていると、同じキャンプ仲間の男友達のことを思い出しました。

そういえば、彼も自粛期間の影響でキャンプが恋しいと嘆いていたのを思い出します。

どうせならば、彼も呼んで、同じキャンプ仲間として、雰囲気だけでも楽しんでもらおうと自宅に招くことにしました。

男友達を招き入れて

彼が部屋に到着し、テントの入り口辺りに肩を並べて座ります。

私の好きなサッポロ黒ラベルのビールを開けて、

彼は、彼で自分の好きな氷結ストロングを開けて乾杯します。

簡単ではあるけれど、自炊したチーズリゾットやポトフ、お酒のおつまみセットなども拵えて、今夜の晩餐を楽しむことにしました。

楽しく団欒をして、お喋りに花が咲き、会社への不満や上司や同僚への愚痴もたっぷりと語り合う優雅な時間。

何気ない普段の時間を忘れて、非日常へと連れていってくれる、そんな空間と雰囲気を味わえるにもあって、私はキャンプが好きなんです。

そんな感じで、お酒をグイグイと飲んでいくと、夜も更けてきて、酔いも回ってきます。

気付けば、肩が触れ合う時間も長くなっていて、お酒の酔いとランプの火が灯すキャンプならではの薄暗い良いムードになっていました。

寂しい気持ちから溢れ出る愚痴

そういえば、今まで異性としてはお互い全く意識していなかったなと、ふと思いました、

私は、普段から彼氏はいないし、寂しい気持ちが少し出てしまい、何気なく口から言葉を口にしていました。

私「最近…寂しいんだよね…。」

溜まった欲情は休日に1人オナニーで処理していたし、しばらく恋人や人肌の温かみからは無縁の生活を送っていたので、そんな日常に鬱憤が溜まっていたのかもしれません。

すると、彼は

彼「じゃあ、する?」

と言ってきました。

少し考えて、首を横に振ることにしました。

もし、したら、多分戻れなくなるから。

でも、前戯だけならと思い、彼にお願いしました。

薄暗いテントの中で前戯

二人で、テントの奥へと入っていき、彼が私のズボンと下着を脱がしていきます。

少し太い男性の手が陰部に触れて、少しずつ、ゆっくりと膣の中へと入っていくんです。

クチュっとしたエッチな音を立てて、指を出し入れされると、

私「あぁ…気持ちいい…。」

自分でするのとは、やっぱり違って、身体が喜ぶ声を出してしまいます。

しばらく、続けてもらいスグにイってしまいました。

はぁはぁ…と肩で息をしながら、彼のアソコを見てみると、大きく膨らんでいました。

私だけが気持ち良くなっていてもなんだか申し訳ないので、彼のアソコをフェラで気持ち良くしていきます。

以外にも、結構な大きさがあって、舐めるのにも、一苦労しました。

彼のペニスを舐めているとなんだか、頭がボーっとしてきて、もっと欲しいと思ってしまいます。

気付けば、自分から彼に「挿れて…」とおねだりしていました。

大きな本物のペニスを挿入されて、普段使っている玩具とも違い、身体がいつも以上に痙攣して反応してしまいます。

そして、お互い、無我夢中で薄明りの中、お互いの身体を貪りました。

朝になり、お互い友人関係なのに、こんな展開になってしまったことに恥ずかしを隠せませんでした。

そんなこともあり、日常生活に戻ると、私達の関係も普段の友人に戻りました。

今思い返してみると、あれはお部屋キャンプが魅せた夢だったのかもしれません。

 

\ エロ目的の出会い実績ナンバーワン! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

-出会い系サイト
-

Copyright© onimusume.com☕ , 2021 All Rights Reserved.