出会い系サイト

ご近所のヤンキー系ギャルをゲット!公園で出会えるのも田舎の醍醐味

  1. HOME >
  2. 出会い系サイト >

ご近所のヤンキー系ギャルをゲット!公園で出会えるのも田舎の醍醐味

ご近所のヤンキー系ギャルをゲット!公園で出会えるのも田舎の醍醐味(出会い系サイトPCMAX体験談)

投稿者様:PCMAX体験談

出会い系の体験談

地方の田舎町で細々と出会い系を活用して大人の趣味を楽しんでいる者です。

大抵は、県の中心地での出会いが多いのですが、たまに同じ地域の女性とも出会えることがあります。

そんなときは、堪らなく嬉しい気持ちになり、この前なんかは近所へ散歩に行く感覚で、女性と待ち合わせちゃいました。

最強の出会い系アプリはPCMAX

セックスをしたい?
セフレを探してる?今の時代マッチングアプリで出会うのは当たり前!エロ目的の男女を毎日大量にマッチングさせている出会い系サイト!それが『PCMAX』です!👇👇👇出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX日本国内で最大級のマッチングサイトなので安全性は抜群!
健全なイメージですが、実はアダルト目的の男女が集まることで有名♪
初心者の方は余裕を持って3000円程度の課金がおすすめ!
エッチが大好きな女の子やセフレを求めている女性にすぐアプローチできます!

\ 法令遵守サイトなので年齢確認とプロフィール設定は必須です! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

工場で働くギャルと出会う

この日は、近所にある公園で20時近くに待ち合わせることになりました。

相手の女性の名前は、アサミ。

工場に務める20代の若いギャルで、街灯と自動販売機に照らされた彼女の姿はまさにギャルさながらで、ヤンキー女子のオーラが漂っています。

彼女の容姿は、金髪のサイドテール、大きめの胸、少し日焼けした肌、服装はラフな格好でプーマのジャージを着ていました。

そんなギャルとジュースでも飲みながら談笑していると、流石はヤンキーといったところでしょうか、もどかしくなったようで

アサミ「ねぇ、明日朝早いしさ、ヤルことやんないなら、帰っていい?」

咄嗟にマズイと思った私は、彼女の大きめな胸を揉みしだいていました。

アサミ「Dカップだよ。」

私が聞いてもいないのに、おっぱいをサイズを教えてくれるギャル。

若い子の巨乳は揉めば揉むほど弾力とハリが伝わってきて、非常に揉みごたえがあります。

軽く、フレンチキスを交わしながら舌を絡め合っていると、フェラをしてくれるとの申し出がありましたので、公園でこっそりとペニスをさらけ出します。

ビンビンに勃起してカリの張ったペニスを見て

アサミ「わぁ!いいモン持ってんじゃん!」

と今日一番の可愛い笑顔を見せてくれました。

クンクンッ!スンスンっ!と私のペニスの匂いは嗅ぎ「うん、大丈夫♪」そう言ってパクっと咥え込みます。

特別に上手と言うわけでもなく、かといって下手でもない、ありきたりのフェラチオです。

アサミ「きもひいぃ?(気持ちいい?)」

時々、上目使いをしながら、心配そうに聞いてくるので

私「うん、凄く気持ち良いよ。上手だね。」

そう答えると、笑顔を浮かべて喜ぶんですよね。

気分が良くなってきたのか、フェラのスピードをどんどんを上げていくギャル。

ペニスの感覚が次第に射精体勢へと変わっていくのを感じたので、少し腰を引くとすかさず、かぶりつくように追いかけてくるアサミのバキュームフェラ。

私「ちょっと、タイム…。」

アサミ「どうして避けるのよ~。」

私「場所をですね…。」

場所を移してエッチなオママゴト

公園内にある遊具コーナーへと場所を移動します。

その中で選んだのは、砂場の中にあるオママゴト用の小屋です。

ここには、普段子供たちが色々な玩具や道具を持ち込んでは、お家ごっこをしたり、オママゴトをするのに利用していて、奥には寝転がれるスペースもあるんですよね。

人目につなかい所に移動して、ご近所様にも迷惑がかからない時間帯ですので、さっそくセックスをしちゃいましょうか。

この公園は、20時以降は滅多に人が来ないので、わりかと安心しています。

アサミ「ん~♪ブチュっ!」

居ても立っても居られないといった感じで、ディープキスを絡めてくる彼女。

先程、私のペニスを咥えていたので若干抵抗がありますが、受け入れてバキュームキスにも応じます。

少し強めに唇を吸われたので、ヒリヒリ。

そのまま引き込まれるように、お互いセックスの態勢になり、ゴム無しで生挿入。

私のペニスを根元まで味わうかのように首元に腕を回してきて、膣内でしっかりと咥え込みます。

アサミ「うぅ~ん、気持ちいい~♪」

正常位でも、横向きの体位でも、大きなおっぱいはプルンプルンと揺れています。

モミモミと揉みしだきながら、そして掴みながらナマ乳の感触を堪能して、ギュッ!

セックスも終盤に差し掛かってくると、彼女の言葉にも変化が訪れます。

「アンっ!アンっ!」と言っていたのが「エッチ…もっと…エッチ…」と漏らすようになり、その言葉で益々興奮した私は更にペニスを彼女の奥深くへと差し込みます。

アサミ「キモチイイ~!アンっ!…えっ…ちょっと抜かないでよぉ~エッチ~♪」

ピストンしている途中でイジワルをして抜いてみたりもしましたが、やや半ギレ気味で求めてくる彼女がとても可愛いです。

とある田舎町の夜に起こった、ちょっとしたエッチな体験談です。

 

\ エロ目的の出会い実績ナンバーワン! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

-出会い系サイト
-

Copyright© onimusume.com☕ , 2021 All Rights Reserved.