出会い系サイト

人妻が主人に内緒でイケメン男性と出会い系サイトで不倫してきました

  1. HOME >
  2. 出会い系サイト >

人妻が主人に内緒でイケメン男性と出会い系サイトで不倫してきました

人妻が主人に内緒でイケメン男性と出会い系サイトで不倫してきました(出会い系サイトPCMAX体験談)

投稿者様:PCMAX体験談

出会い系の体験談

30代の主婦です。

子供ができてから、主人とのセックスが減りました。

もう、かれこれ1年半以上セックスレスが続いています。

淋しいので、思い切って出会い系サイトに登録をしてみることにしました。

最強の出会い系アプリはPCMAX

セックスをしたい?
セフレを探してる?今の時代マッチングアプリで出会うのは当たり前!エロ目的の男女を毎日大量にマッチングさせている出会い系サイト!それが『PCMAX』です!👇👇👇出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX日本国内で最大級のマッチングサイトなので安全性は抜群!
健全なイメージですが、実はアダルト目的の男女が集まることで有名♪
初心者の方は余裕を持って3000円程度の課金がおすすめ!
エッチが大好きな女の子やセフレを求めている女性にすぐアプローチできます!

\ 法令遵守サイトなので年齢確認とプロフィール設定は必須です! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

初めての出会い系サイト

出会い系サイトを利用するのは、初めてでしたがお試し感覚で、プロフィールを載せてみました。

その途端に、凄い勢いで男性からの反応がありました。

30代過ぎの私でも、こんなに男性からアプローチを受けれるなんて、なんだか嬉しくて仕方ありません。

一通り男性のプロフィールを拝見して、その中でも一番誠実そうな人を選びました。

お相手の男性は、私の4つ下で28歳のサラリーマンの方です。

待ち合わせ当日

待ち合わせの当日、主人には昔の友人に会うと言っておき、子供は実家に預けることにしました。

とある待ち合わせ場所で、少し待っていると、写真で見た通りの爽やかなイケメンの男性がやってきました。

早くも、内心ドキドキとしてしまいます。

挨拶を交わし、彼の行きつけのお店で食事をすることになりました。

イタリアンのオシャレなお店の中、様々な話題で盛り上がりました。

とても、楽しかったです…。

久々でした…こんなに笑って、楽しいと感じたのは。

もちろん、お酒の影響もありますが、こんなに体が高揚したのも久しぶりで、思わず体が火照ってしまいます。

食事をしながら、この爽やかなイケメンさんは、どんなセックスをするんだろう。

どんなエッチが好きなんだろう。

色々と想像を膨らませます。

楽しいお食事が終わり、お店を出た後、彼が訊ねてきました。

彼「この後は、どうしますか?」

私「どこか休める場所に行きたいです…。」

自分でも、大胆な発言をしたな…とは思いましたが、彼と腕を組みそのままホテルへと直行します。

会って間もない男性ですが、長年のセックスレスで人肌が恋しかったんです。

そして、イケメンの彼に抱きしめて欲しい気持ちでいっぱいでした。

セックスレスなんですもの、仕方ないですよね。

そのための出会い系サイトですもの。

ホテルで甘いキス

部屋に着くと、ソファに座りました。

そして、彼が優しく抱きしめてくれた後に、キスをしてくれます。

1年半以上もセックスレスだったので、キスだけでも思わず、

私「んぁあ…」

と感じてしまい、ふしだらな声を出してしまいます。

お互いの舌を絡めながらの濃厚なディープキス。

次第に彼は、ゆっくりと私の服を脱がせていきます。

唇や首筋~乳首にかけて、愛撫で舌を這わせて舐めてくれます。

おっぱいも鷲掴みにされて揉まれたり、吸われたり、顔を埋められたりしていくうちに、乳首も勃起してしまいました。

ちょっと触られただけでも、反応してしまう敏感な私の乳首。

欲求不満な私の体は今、男性を求めています。

彼「どこが気持ちいのです?」

私「クリトリスです…。」

スルスルと彼の指が私のパンツの上から、クリトリスを刺激していきます。

すでに、汁が漏れているのに、そんなことをされたら…。

私「あぁぁぁんっ!」

すると、彼が勢いよくパンツを脱がせて、私のアソコを吸い始めました。

ジュル!ジュルルル

あまりの気持ち良さに、イキかけました…。いえ、一回イキました。

私も彼を気持ち良くしてあげたかったので、トランクスを脱がせて69の体位で、お互いの性器を舐め合います。

大きくなって固く反り返ったおち〇ちん。

久しぶりのおち〇ちんに嬉しくなりました。

私が求めていたものはこれなんです。

先っぽから根本まで、さらに玉袋まで念入りに口に含んだりして、舐めまわしました。

彼も負けずと私のアソコに指を入れたり、舌を入れたりして、舐めまわしてくれます。

お互い、感じ合っていく至福のひとときです。

おち〇ちんが欲しいんです

私「もう我慢できないの…早く…挿れてください…挿れて…」

彼も、我慢の限界だったようで、頷きながら私の両足を持ち上げて、正常位でおち〇ちんを私の膣内に突き刺しました。

私「あぁぁぁんっ!コレ!コレよっ!これが欲しかったのぉ!あん!」

気付けば淫らな声を上げていました。

そして、あっという間にイってしまいました。

彼「そんなに気持ちいいのですか?」

私「うん…あなたのおち〇ちん最高…。」

彼「エッチな人ですね。」

私「言わないで…あん!」

イキ狂ったかのように、エッチな声を上げる私を見て、彼は嬉しくなったのでしょう。

何度も私のアソコをおち〇ちんで掻き回していきます。

予めピルを服用してきたので、彼に中出しを懇願。

そして、最後にはたっぷりと私の中に膣内射精をしました。

久しぶりのおち〇ちん…気持ち良かったです。

 

\ エロ目的の出会い実績ナンバーワン! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

-出会い系サイト
-

Copyright© onimusume.com☕ , 2021 All Rights Reserved.