❤出会い系サイト

童貞の僕が峰不二子似の巨乳お姉さんと出会い系でセフレになれました

童貞の僕が峰不二子似の巨乳お姉さんと出会い系でセフレになれました(出会い系サイトPCMAX体験談)

投稿者様:PCMAX体験談

出会い系の体験談

20歳の誕生日を迎えた僕は、先日出会い系サイトPCMAXで、グラマラスなお姉さんに筆おろしをしてもらい、童貞を卒業してきました。

彼女の容姿は「峰不二子」に似ています。

そのお姉さんとは、今でも頻繁に会っていて、セックスのレクチャーを受けています。

最強の出会い系アプリはPCMAX

セックスをしたい?
セフレを探してる?今の時代マッチングアプリで出会うのは当たり前!エロ目的の男女を毎日大量にマッチングさせている出会い系サイト!それが『PCMAX』です!👇👇👇出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX日本国内で最大級のマッチングサイトなので安全性は抜群!
健全なイメージですが、実はアダルト目的の男女が集まることで有名♪
初心者の方は余裕を持って3000円程度の課金がおすすめ!
エッチが大好きな女の子やセフレを求めている女性にすぐアプローチできます!

\ 法令遵守サイトなので年齢確認とプロフィール設定は必須です! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

エッチなお姉さんとの出会い

大学の友達が高校生の時から童貞を卒業したこともあり、内心焦っていました。

大学生にもなって童貞は恥ずかしい。

そんな周りからの目や圧力もあり、童貞を卒業したいと決意しました。

何故、日本は童貞やら処女を早く捨てようとする風習があるのでしょうか。

童貞&処女だと恥ずかしい、みっともない、遅れている、モテない、ダサいなど、色々いわれるイメージが強いですよね。

人に言われて、気にする問題でもないと思うのですが、やっぱり気にしてしまうのも事実。

そこで、初めて出会い系アプリを使ってみたところ、エッチなお姉さんと出会うことができました。

そして、童貞を奪ってくれました(笑)

僕の容姿

僕の容姿は、これといって、何も取柄もないです。

身長160㎝、体重55㎏、服装地味、趣味はゲーム、オタク気味、女性の前だと緊張してしまうといった感じのどこにでもいるような平凡な大学生です。

顔もフツメンだと思います。そうであると願います(ブサメンだったらごめんさんさいw)

そして、筆おろししてくれたお姉さんは、27歳のキャリアウーマンの女性でした。

少し、大きな会社でマネージャーをしているそうで、キャリアも頭も身長も高く、まるで絵に描いたような美人でスタイルの良いお姉さんです。

初めて出会ったときは、「こんな人いるんだ…」と見惚れてしまったくらいです。

彼女の容姿が峰不二子に似ていると言いましたが、実際にスリーサイズが同じなので、驚きです。

出会い系アプリを選んだ理由

僕は、とにかく童貞を捨てたい一心で、あれこれ探していました。

女性なら誰でもいい!

誰か僕の童貞を貰ってくれ!頼む!

本来は、そんな大切なことは、好きな人とすることですが、周りの友達の中でも「恋人いない歴歳の数」は僕だけだったので、そうも言ってられないのです。

そんなときに、見つけたのは出会い系アプリで女性に出会うこと。

少し調べてみると、これなら僕にも実践できて、現実味が高そうだったので出会い系アプリを選ぶことにしました。

お金もそんなに無いですしね。

調べてみた結果の方法はこうです。

「出会い系アプリに登録」→「年下好きの男性にメッセージを送る」→「自分が童貞であることをアピール」→「食いついてきた女性とセックス」

という流れだそうです。

実際、料金も出会い系サイトの登録は無料なので、今回に関しては3000円で、この峰不二子似のお姉さんとエッチができました。

かかった費用は、出会い系サイトのポイントで3000円分だけです。

このくらいならば、大学生の僕にも払える金額なので、全然リーズナブルです。

さっそく、出会い系サイト(今回はPCMAXを利用しました)に登録をして、年下好きの女性にメッセージを送ってみました。

こんな感じです。

僕「はじめまして。プロフィール拝見させていただき、気になったのでメッセージを送ってみました。僕は女性経験がありません。でも克服したくて、出会い系サイトを始めてみました。」

女性の免疫がない僕は、このメッセージを送ること1つでも、緊張してしまいます。

こんな、自分がチェリーだなんて文章を見ず知らずの女性に送ったりなんかしたら、嫌われるんじゃないかとか色々気にしたりも…。

調べたサイトや体験談に書いてあったように、最初はダメ元で10人くらいの女性にメッセージを送ってみました。

しばらく待っていると、6人の女性から返信があり、その中でも一番積極的で、尚且つスタイルの良い女性を選びました。(調子に乗ってごめんさんさいw)

そして、その女性こそが、冒頭でお話した、峰不二子似のお姉さんだったんです。

LINEに移行して、しばらくやり取りをしていき、実際に会う日にちを決めていきました。

ヤリ慣れているナイスバディのお姉さん

お姉さんに言われた通り、週末の土曜日に新宿駅で待ち合わせることになりました。

メッセージのやり取り中に、薄々気付いていましたが、このお姉さんは相当男を喰っているなと感じます。

恐らく、童貞キラーの類ではないかと推測します。

童貞の僕が何を言っているんだという話ですが。

話の条件も良く、ホテル代とご飯もおごってあげるからと言われたので、僕は只々、童貞を携えて待っていればいいわけです。

 

お姉さん、ありがとう。

 

太っ腹なお姉さんに感謝していると、お姉さんが颯爽と登場。

見た瞬間に感じましたが、この人1000人くらいの男性とヤってきたんじゃないかってくらい色気がムンムンの女性が来ました。

外見は、まさに峰不二子w

少し歩くと、会社員のおじさんとかが、振り返るくらいです。

お姉さん「はぁ~い♪待ったかしら?」

僕「い、いえ!そん▲〇■シェンッ!(いえ!そんあことありません!)」

噛み噛みのタジタジで、致命的な挨拶をしてしまったブサメンの僕。

頭が一瞬真っ白になりましたが、そんな僕をみて、余計に喜ぶお姉さん。

お姉さん「あらあら♪可愛いわね♪緊張しなくて良いのよ♪」

 

無理ですw

 

こんなボインでグラマラスなお姉さんが目の前に来られたら、それは無理ってものです…。

そのまま、手を引かれて、ホテルへ直行します。

お姉さんお気に入りのラブホがあるみたいで、そちらにお邪魔することにしました。

予め、写真でお互いの外見は把握していましたが、まさかここまでレベルの高い美女が来るなんて聞いてないですw

もっと、カッコイイ服や身なりに気を付ければ良かったと思いましたが、時すでに遅し。

ホテルで童貞を卒業させてもらいました、いいえ、喰われました

ホテルのお部屋に到着すると、何やらエッチな雰囲気のお部屋です。

いくらぐらいするのかは、わかりませんが、ラブホに来るのは初めてです。

僕「ほぉ…最近の男女はこんなところでセックスをしているのかね、なんともけしからん(おじさん気分w)」

たどたどしている僕を引っ張ってくれたお姉さんは、そのまま僕と一緒にシャワーを浴びました。

お姉さんと一緒に、シャワーを浴びながら、濡れてより一層エロくなったナイスバディを見ていると、すぐにペニスが勃起しました。

ツンツンとお姉さんのお尻や太ももに、ペニスを押し当ててみると、

お姉さん「こ~ら♪まだだめよ♪」

そういいながら、石鹸で綺麗に僕のペニスを洗ってくれます。

手コキとフェラもしてくれました。

流石、ヤリ慣れているお姉さんです。

一発目は、我慢できずにそこで、射精してしまいました。

そして、プリっとしたお尻を僕に突き出してきたので、挿入していいのかどうかを聞くと

「素股ならいいわよ♪」と焦らしてきます。

はじめてなので、膣穴の場所もよく分からないのと、素股もぎこちない姿の自分が恥ずかしい。

そんな僕を見ながら、優しく微笑むお姉さん。

そろそろ僕のペニスが勝手に二発目を自動発射してしまうかもしれないと見かねたお姉さんから、ようやく「ベッドに移ってエッチをしましょう」とお許しをいただきました。

これだけ、ヤリ慣れているので、すぐに挿入できるのかと思いましたが、なかなかそうではなく、もの凄い焦らしてきます。

僕が彼女の依存症になるくらい、焦らしてきます。

これも…僕と言うペットを虜にするテクニックなのかもしれません。

ですが、良いんです!

僕を喰ってください!

そう叫びながら、彼女に懇願すると、

お姉さん「おち〇ちん挿れたいの?(^^)」

僕「はい!」

お姉さん「私のこと好き?奴隷になる?うん?❤」

僕「はぃ!なります!ならせてください!」

爆発しそうなペニスからカウパー汁が流れおち、ピクピクと痙攣しています。

はじめてなので、女性を前にして勃起すらできないのではないかと心配していましたが、そんなことはありませんでした。

こんなにもエロい女性を目の前にすると、僕の本能が勝手に繁殖をしたがっているようです。

お姉さん「イイコね♪ほら、おいで♪」

お姉さんの許可がおりたので、返答をする暇もなく、勢いよくペニスを差し込みます。

お姉さん「あんっ❤乱暴なんだから❤」

ブルンブルンっと揺れる豊満なおっぱいを無我夢中でしゃぶりつきながら、初めての騎乗位で女性の膣内に挿入しました。

この時は、妖艶なお姉さんの魔力のようなもので、我を忘れてしまっていたくらいに、欲情していたので、あまり覚えていません。

只々、最高で気持ち良かったことくらいしか…w

初めてのセックスでしたが、彼女の豊満な身体を目の前にすると、居てもたってもいられなくなり、お姉さんの色んなエッチなところを舐めまわしたり、色々な体位でピストンをしてみました。

よく観るAV男優さんように、上手くはできませんでしたが、見様見真似で、やってみました。

5回くらい連続でイクと、いくら20歳の若い僕も流石にぐったりとしてきます。

すると、お姉さんのエンジンがようやくかかってきたのでしょうか、今までの僕の初心者セックスは、まるで前菜のように、お遊びや挨拶だったかのように、壮絶なセックスを仕掛けてきました。

あれよあれよと、気づいたときには、それから10回くらいイカされた気がします。

テクノブレイクを迎えるのではないかと一瞬コワかったくらいです(笑)

僕「限界です…。」と言っても、ペニスが解放されることはなく、常にお姉さんの上の口か下の口に納まっています。

容赦なく、徹底的に、精液を一滴も残らず搾り取る気のようです。

ですが、もう僕の精子タンクはカラカラです…。

ペニスが壊れちゃう…。

ホテルで一晩中セックスをしていた

ベッドの上には、カラカラに干からびたミイラが一体(僕ですw)

その日は、結局朝までセックスをしていました。

初めての童貞を卒業のつもりが、みっちりとセックスを体に叩き込まれた一日となったのです。

朝になって、お姉さんと少しベッドでイチャイチャしていると、あれだけ搾り取られたのに、また勃起してしまいます。

お姉さんの身体がエッチなのがいけないんです。

お別れの際には、丁寧にお姉さんに童貞を卒業させてくれたことのお礼を言いました。

今でも、お姉さんの気が向いたときや予定が合う日には、遊んでもらっています。

搾り取られ過ぎそうになることは、危険ですが…w

エッチでセクシーなお姉さんに筆おろしをしてもらい、セフレになることができた僕は凄くラッキーです。

お姉さんいつもありがとう!!!

 

\ エロ目的の出会い実績ナンバーワン! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

onimusume

-❤出会い系サイト
-

Copyright© onimusume.café☕ , 2021 All Rights Reserved.