出会い系サイト

40過ぎの人妻ですが主人以外の男性と観光先で浮気してきました

  1. HOME >
  2. 出会い系サイト >

40過ぎの人妻ですが主人以外の男性と観光先で浮気してきました

40過ぎの人妻ですが主人以外の男性と観光先で浮気してきました(出会い系サイトPCMAX体験談)

投稿者様:体験談

出会い系の体験談

こんにちわ。

40過ぎの人妻です。

結婚して20年以上も経ち、世間一般から見れば、幸せな落ち着いた円満な家庭と見られるかもしれません。

ですが、主人は最早私のことを一人の女性としては見ておらず、他の女の影が見え隠れしています。

(あくまでも私の女としての勘ですが、主人は恐らく浮気をしているでしょう。)

今まで、浮気や不倫とは無縁な私でしたが、主人の裏切りもあることですし、私も不倫を決意しました。

今回は、その告白をする体験談です。

最強の出会い系アプリはPCMAX

セックスをしたい?
セフレを探してる?今の時代マッチングアプリで出会うのは当たり前!エロ目的の男女を毎日大量にマッチングさせている出会い系サイト!それが『PCMAX』です!👇👇👇出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX日本国内で最大級のマッチングサイトなので安全性は抜群!
健全なイメージですが、実はアダルト目的の男女が集まることで有名♪
初心者の方は余裕を持って3000円程度の課金がおすすめ!
エッチが大好きな女の子やセフレを求めている女性にすぐアプローチできます!

\ 法令遵守サイトなので年齢確認とプロフィール設定は必須です! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

講習会で出会った素敵な男性

三ヶ月前のことです。

私は、とある講習会に参加していました。

そこで、知り合った同じ参加者の男性と親しくなり、講習会の最終日である3日目には、彼から食事に誘われました。

折角、遥々観光も兼ねて講習会に参加したのですから、1つの思い出作りも素敵だと思い、お受けすることにしました。

もっと言うと、1人で食事をするのも寂しかった気持ちもあったと思います。

その男性のことは、お名前と年齢しか知りませんでしたが、ここ数日間ずっと親切にしてくれました。

そんなこもあり、食事だけならと…。

食事中は、とても楽しく団欒をして、私も幾ばくか主人の愚痴などもこぼしてしまいました。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

お店を出て、帰り道を二人で歩いていく最中、私をエスコートしてくれる彼と腕を組んでいました。

まだ別れたくないという気持ちがよぎり、彼の「僕の部屋でもう少しお酒を飲みながらお話しようよ。」という言葉に私も、頷いていました。

主人以外の男性と部屋で二人きり

部屋の中では、彼と行き並んで乾杯をして、彼が私との距離を縮めてきたと思った瞬間。

彼が私の唇を奪いました。

急なことで、驚いている私を抱きしめて、背中をさすったりとボディータッチ、慌てて唇を離すと、彼の手は私の胸の上に来ました。

彼「初めて講習会であなたをお見かけしたときから、ずっとこうしたかったのです。」

私「そんなのあなたの勝手でしょ。いきなり何をするんですか。」と少し怒った口調で答えました。

彼「それは…そうだよね…。僕の勝手だったよ。すまない。僕はシャワーを浴びてくるから、後はあなたの気持ちに任せるよ。」

そういって、彼はシャワーを浴びに行きました。

私の心は揺れています。

帰るのか、帰らないのか。

それと同時に、久しぶりでした。

私を一人の女として見てくれた男性に出会ったことも。

彼がどんな気持ちでこの数日間、私のことを見ていてくれたのかも十分わかっていました。

どうしよう、どうするべきかと悩んでいる最中に彼がシャワーから出てきました。

彼「帰ってしまったのかと、思っていましたよ。いてくれて嬉しいです。」

優しく、そう言いながら再度、私を抱きしめました。

今から浮気します

その時、私の心は決まりました。

(あなた、ごめんなさい。でもあなただって他の女性と浮気しているのだものね。)

今夜限りの浮気ですが、一度くらいなら良いでしょう。

私もシャワーを浴びにバスルームに向かいます。

浴び終わると、先にベッドに横になっている彼の元へバスタオルを巻いた格好のまま、横になります。

彼は、優しく腕枕をしてくれました。

彼「ありがとう。本当に良いんですね。」

そう良いながら、バスタオルを解き、私の上に覆いかぶさります。

(今から、私、主人以外の男性に抱かれるんだ。浮気するんだ。)

と、思うと余計に興奮してしまいました。

主人以外の男性に抱かれます

最初は、彼にされるがまま身を委ねていましたが、次第に私も興奮が抑えきれなくなり、彼のソレを頬張りました。

私「一つになりたいわ。」

彼「うん。」

その言葉と同時に、彼が私の中に侵入してきました。

主人のソレとは、違う感覚、モノでしたが、その時の私は完全に雌になっていました。

主人にすらみせたことのないような、姿で喘ぎ、主人とは違う荒々しい行為に私も興奮して、気づけば自ら腰を振っていました。

正常位、騎乗位、バック、様々な体位を変えつつ、久々に味わう女の喜びを堪能していました。

主人とは比べ物にならないくらい、彼はタフで、私はすでに数回イっていましたが、彼はまだまだ平気そうです。

彼「そろそろ…イキそう…。」

私「中に出していいわ…。」

私はもう出来ない身体なので、生で味わりましたし、そのまま膣内に射精をしてもらいました。

ドクドクと流れ込んでくる精液で私も再度、逝かされました。

股を開くと、彼の熱い体液が股間から流れ落ちてきます。

それをそっと優しく彼が拭いてくれました。

その後は、明け方まで、彼の部屋で過ごしました。

今でも思い出すと…。

私が浮気したのは、それっきりです。

彼とその後は、会っていません。

もう会うことはないかもしれません。

ですが、1つだけ分かっていることがあります。

それは、今でもあの時のことを思い出すと、私の股間がジットリと湿ってくるのです。

 

\ エロ目的の出会い実績ナンバーワン! /

PCMAX(R18)無料登録はこちら

-出会い系サイト
-

Copyright© onimusume.com☕ , 2021 All Rights Reserved.